第5回ホームカミングデー

令和元年1123日(土)第回ホームカミングデーが行われました。
今回も,「おかえりなさい教育学部へ」というキャッチコピーの元,懐かしい宇大へ多くの方が集まってくださいました。教育学部の学生が事前の準備
から当日の受付案内等に参加し,スムーズな会の運営がなされ,また,大学の先生方・教職員の皆様のご協力を得て,多くの同窓会員の皆様と共に盛大
にホームカミングデーを開催できたことを嬉しく思います。     

 同窓生(県内・県外を含め),学長・教育学部長はじめ,先生方・学生を合わせると100名程の方々が,親しく交わり旧交を温めました。
 今回は,教育学部7号館音楽棟内のティーチングコモンズ・音楽ホールを会場にして行われ,真新しい施設での開催となりました。

   ようこそ宇都宮大学へ! 和やかに懇親会
  
    挨拶
  教育学部教授 人見久城 様

     宇都宮大学教育学部同窓会近況報告

    挨拶  宇都宮大学長 石田 朋靖 様


    音楽分野の学生による ミニコンサート


英語分野准教授 山野先生による プレゼンテーション
 



ホームカミングデ― アンケートから
○ 同窓会からの情報で今回のホームカミングデーに参加しましたが,大学祭との同時開催で懐かしく参加させていただき,大変満足しております。
○ 大学当局からのご説明により,大学教育の現状を知ることができ,いろいろと考えさせられるきっかけとなりました。
○ スタッフの皆様の心温まる’おもてなし’で,会員相互の和やかな会話ができ,久しぶりに心身のリフレッシュとなりました。
○ 今回のスケジュール(会場・場の設定・時間配分など)は,前回までとは違い,更に改善がなされ,すばらしいと思いました。
○ 今回は,学長さんを交えて,同窓会員の皆様と大学歌を歌うことができ,久しぶりに懐かしく,感激しました。
○ 音楽ホールでのミニコンサートは素晴らしいも催しでした。残念に思うことは,聴衆者がホームカミングデーの参加者だけだったことです。
 もう少し大きな会場で,多くの皆様と音楽分野の学生さんたちと共に,大学歌を歌えたら,なおすばらしい思い出になったと思います。
○ 同窓会員(年配者)と若い学生がたった一日でも同じ学内で過ごせたことに心の触れ合いを感じ,私どもにとっては元気の源になりました。
○ ホームカミングデーと学園祭の同時開催は大変良かったです。同時開催を色濃くするならば,コンサートのあり方を改善してみるのも一手かと
 思います。
○ 音楽で老いも若きも心と心のつながりを広めていけたらという夢を持っています。